サバゲー通信

サバゲーやミリタリー関連のスレをズバッとまとめます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    :◆ :2016/09/28(水) 19:49:20 ID:???

    「俺たちにも生活ある」 ヘリパッド作業員、市民の車に乗り込み溝に落とす

     沖縄県米軍北部訓練場のヘリパッド建設をめぐり、国頭村・東村境のG、H地区へつながるゲート近くで26日午前5時ごろ、
    ヘリパッド建設の作業員が抗議行動中の男性の軽トラックに無断で乗り込んで運転し、道路脇の側溝にタイヤを落としてパンクさせた。
    作業員は男性の車を放置し、ゲート内へ入っていったという。一緒に抗議していた男性2人も居合わせた作業員に引きずられ、
    背中や膝に傷を負った。男性は被害届を出すか検討している。

     被害に遭ったのは「ヘリパッドいらない住民の会」の男性(47)=東村高江。
    男性によると、午前5時ごろ、軽トラック2台を路上に止め、ゲートへ入る車を止めて話を聞いていたところ、
    作業員を乗せた車6台が来て6、7人の男性作業員が車から降り、
    「俺たちにも生活がある」「止められる権限はない」などと男性らと押し問答になったという。

    続き 沖縄タイムス
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/63884


    【沖縄ヘリパッド作業員、市民の車に乗り込み溝に落とす】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    :◆ :2016/09/28(水) 23:03:54 ID:???

    小泉純一郎元首相「政界が停滞している」 “安倍1強体制”に苦言 

     小泉純一郎元首相は28日、東京都内で開かれた会合で、安倍晋三首相「1強」体制を念頭に
    「政界が少し停滞している」と述べ、現状に苦言を呈した。
    山崎拓元自民党副総裁の著書「YKK秘録」の出版記念会であいさつした。

    続き 産経ニュース
    http://www.sankei.com/politics/news/160928/plt1609280035-n1.html


    【小泉元首相「政界が停滞している」 安倍1強体制に苦言】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    :ねこ名無し ★@\(^o^)/ :2016/09/28(水) 21:48:31.33 ID:CAP_USER

    2016年9月25日、中国新聞網は「南シナ海問題で『日本はトラブル・メーカーになるな』」と題する記事を掲載した。以下はその概要。

    日米メディアによると、稲田朋美防衛相と米戦略国際問題研究所(CSIS)はこのほど、東シナ海、南シナ海問題で「中国が国際的な規範を逸脱する行動を取っている」と批判。南シナ海における中国の主権の主張に懸念を示した。日本は今後同問題に積極的に介入し、米国を含めた多国間の軍事演習などにも関与する姿勢を表明した。

    安倍晋三首相は最近、国際社会において南シナ海問題を取り上げ、中国をけん制し、包囲網を作ろうと必死だ。しかし、その行動は逆に日本政府が「トラブル・メーカー」であることを内外に見せつける結果となっている。

    南シナ海問題をめぐる仲裁裁判所の判決で、フィリピンは反中姿勢を強めたが、今やそれも過去の話となった。東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議の共同声明でも、判決には触れなかった。日本は時流を直視しようとせず、同問題で中国を挑発し、私利私欲の目的で悪者に仕立てようとしているのだ。(翻訳・編集/大宮)

    http://www.recordchina.co.jp/a136668.html


    【南シナ海問題 中国メディア「日本はトラブル・メーカーになるな」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    :◆ :2016/09/28(水) 23:05:50 ID:???

    【参院代表質問】
    「提案!」22回も連呼 民進・蓮舫代表、アベノミクス批判も守りの姿勢? 

     民進党の蓮舫代表が28日の参院本会議で就任後初の代表質問に立ち、安倍晋三首相との直接対決に臨んだ。
    蓮舫氏は22回も「提案」という言葉を使って責任政党をアピールしたが、随所に首相の経済政策
    「アベノミクス」や社会保障政策への批判を織り交ぜ、提案の中身そのものには具体性を欠く場面も目立った。
    一方、首相は旧民主党政権の失政を徹底的に指弾し、対決モードを全開にした。

     「蓮(はす)は泥の中からりんと茎を伸ばし花を咲かせる。前途多難な道のりだが、民進党が選択される政策を掲げ、
    選択される政党になるために先頭に立つ覚悟だ」

     蓮舫氏は質問の冒頭、「批判から提案へ」とのスローガンに従い、政策提案型の国会論戦を目指す考えを強調した。
    しかし、実際に「提案」する場面になると、どうしても首相への批判が先走る。

    続き 産経ニュース 全2ページ
    http://www.sankei.com/politics/news/160928/plt1609280046-n1.html


    【参院代表質問 民進・蓮舫代表 「提案!」22回も連呼】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    :ねこ名無し ★@\(^o^)/ :2016/09/27(火) 19:04:29.41 ID:CAP_USER

    2016年9月25日、韓国・KBSテレビなどによると、韓国の歴史や文化について事実と異なる内容を教えている外国の教科書が多数あることが判明した。

    記事が挙げたのは、12年版のコスタリカの10年生用の社会教科書。韓国について見てみると、「03〜04年にかけ韓国が北朝鮮の船を攻撃した」とある。ロシアの11年生用の世界史の教科書には「韓国にソ連軍が侵入した直後、親ソ単一政府が樹立した」との内容が、またラオスの教科書には「1990年代には南北の最高指導者同士が何度も会談した」とある。いずれも事実と異なる内容だ。植民地支配に関する記述もでたらめで、ルクセンブルクの中等歴史教科書では韓国はスペインの占領地に、イエメンの教科書では英国の植民地であったと記載されている。

    過去4年間、韓国に関しこうした誤りが見つかった世界の教科書は90を超えるという。韓国学中央研究院のチョン・ギョンラン氏は「韓国の経済発展や文化は中国や日本を通して(世界に)伝えられたために誤りが多く発生した」と説明している。韓国外交部は海外の教科書の誤りを正すべく公共外交事業を拡大する方針だ。

    これについて韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

    「やぶから棒にスペインと英国?ふざけるな」
    「僕らが知らない歴史が多過ぎるのか?」
    「どんな歴史であっても真実を知らせる必要がある」
    「国力が弱いからこういうことになるんだ」

    「朝鮮戦争は世界史においてそれなりに意味が大きな戦争のはず。これが事実なら深刻だ」
    「政府機関のサイトからして『東海』を『日本海』と書いてるくせに、外国の教科書を直すって?」
    「韓国の歴史教科書には事実を歪曲(わいきょく)した部分が一つもないと言えるのか?都合よく消した内容や美化した内容はないと?」

    「韓国の歴史教科書も正しくないと思うが…」
    「世界に派遣されている外交部職員は何をしてる?頑張ってくれよ」
    「いっそ韓国が日本を支配したと書いてくれ」
    「韓国はとにかくどこかの植民地には違いないってことか」(翻訳・編集/吉金)

    http://www.recordchina.co.jp/a151277.html


    【韓国はスペインに支配された?世界で教えられるトンデモ史】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    :名無しさん@おーぷん :2016/09/25(日) 13:21:29 ID:5VS

    豪「どっち選んでも死ぬンゴ・・・」

    日「アジアとアフリカ取り込んで対中包囲網敷くで~」
    中「アフリカは質の高いインフラとか求めてないやろ?ワイの味方しろや」
    アフリカ「とりあえず両方貰っとくわ!日中対決とかはポイーで」
    ASEANその一「領土問題抱えてるし日米につくやで~」
    ASEANその二「中国のお金おいしいれす(^q^)」

    EU「政治難民ならしゃーないから受け入れるで」
    経済難民・ISIS「よろしくニキーwwww」
    英「ほなさいなら・・・」


    これはヤバイ(革新)


    【米国、中国「豪はワイに付くよな(付かないと潰すで)」豪「」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    :名無しさん@おーぷん :2016/09/27(火) 22:19:56 ID:QDr

    都会は疲れたンゴ・・・


    【正直、人付きあいさえ無ければ田舎に住みたい奴wwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    :!id:vvvvv :2016/09/28(水) 21:43:18.63 ID:/d3P8cN70

    随分と盛ったな


    【熊本地震の被害総額3兆7800億円 東日本大震災並みの支援要望】の続きを読む

    このページのトップヘ