サバゲー通信

サバゲーやミリタリー関連のスレをズバッとまとめます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/08/18(木) 01:40:28.81 ID:5Ml1JhpPM

    異常者入り込んで来た時距離取って攻撃できる分そこそこ強いだろ
    顔とか肌出てるとこならいてえし目を潰せば勝ち確


    【馬鹿「エアガンじゃ自衛できない、防犯用には使えない」 俺「ほーん(初速90電動600連射)」馬鹿「ああッ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    :ニライカナイφ ★ :2016/08/21(日) 08:12:45.54 ID:CAP_USER9

    ◆“標的”を撮影し逮捕 今どき暴力団抗争「暗殺のセオリー」

    ついに暗殺が本格化した――。

    岐阜県警が長野県松本市の神戸山口組系組員・新井諭容疑者(41)を殺人予備の疑いで逮捕した事件。
    新井容疑者は6月初旬、岐阜市内にある山口組6代目系組織の幹部が外出したりクルマで移動するところを複数回にわたって動画撮影。
    県警は殺害目的であると判断した。

    「この件では6月22日に、新井容疑者が所属する竹内組の金成行組長ら3人が逮捕されている。
    3人は不正なナンバーをつけたバイクや防弾チョッキを盗難車で運搬。
    県警が新井容疑者の自宅をガサ入れしてビデオ撮影の事実をつかんだのです。
    盗難車からはフルフェースのヘルメットと催涙スプレーも見つかった。
    県警は防弾チョッキを着て襲撃し、バイクで逃走しようとしたとみています。
    ヤクザが殺しのターゲットを撮影して摘発されたのは全国初です」(捜査事情通)

    ジャーナリトの鹿島一男氏によると、最近のヤクザは対立組織のクルマにGPS発信機を取り付けることもあるという。
    「何曜日の何時にどこに行くかという行動パターンを調べ、警備が手薄な時間を把握するのが目的です。
    5月に岡山で神戸系組織のナンバー2が射殺されたのも、幹部が迎えのクルマを一人で待っているところを襲われた。
    行動パターンを知られていたと考えられます」

    殺害の標的を間違えないためにもビデオ撮影し、ヒットマンに顔を覚えさせなければならない。
    鹿島氏のようなジャーナリストにも対立組織の幹部の写真を分けて欲しいという依頼がくるそうだ。

    殺害方法はどうか。

    「昔のヤクザは狙撃後、銃を持って出頭しましたが、今はどこの組の犯行かを知られるとまずい。
    そのため旧ソ連の特殊部隊が持っていたサイレンサー付き拳銃を使う動きがあります。
    銃声が80〜90ホンなので、密閉した室内で撃てば音は外に漏れません。
    あるいは軍隊経験のある外国人に依頼する。
    銃撃後すぐに逃げられるよう射程の長い米国製の軍用ライフルを使います。
    実は猟銃の許可があれば、ゴルゴ13が愛用するアーマライト銃も合法的に個人輸入できる。
    スコープを使えば200〜300メートルの場所から500円玉を撃ち抜くことも可能です」(銃器犯罪評論家の津田哲也氏)

    警察の締め付けが厳しくなるほど、使う銃器も様変わりするわけだ。

    日刊ゲンダイ 2016年8月20日
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/188103
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/188103/2


    【暴力団が暗殺に使用する銃器に変化。特殊部隊のサイレンサー付き拳銃やゴルゴ13愛用の軍用ライフルなど】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    :以下、無断転載禁止でVIPがお送りします :2016/05/17(火) 16:16:55.48 ID:i1tHVK1k+

    論破できる?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


    【「中国やロシアと戦争したら負ける!」 ぼく「日清戦争も日露戦争も日本が圧勝したんだがw」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    :■ :2016/08/21(日) 13:42:51 ID:kJ9

    ◆防衛省、尖閣防衛で新型潜水艦建造へ 沖縄の空自部隊も格上げ 来年度概算要求
    [産経ニュース 2016.8.21 12:36]


     防衛省が、海上自衛隊の最新鋭潜水艦「そうりゅう型」の後継となる新型潜水艦を
    建造することが20日、分かった。平成29年度予算案概算要求に1隻分の
    建造費として約760億円を計上し、33年度末までに導入する。また、
    那覇基地に司令部を置き、沖縄の防空を担う航空自衛隊の南西航空混成団について、
    戦闘機部隊が倍増したことを受け、南西航空方面隊に格上げする。

     いずれも尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の海空域で威嚇と挑発を強める中国への
    抑止力と対処力を強化する狙いがある。

     海自の潜水艦は通常型と呼ばれるディーゼル動力艦だけで原子力潜水艦は
    保有していないが、そうりゅう型はAIPという動力装置を搭載し、長時間の潜航が
    可能で、通常型で世界最高水準とされる。政府はオーストラリアの
    共同開発対象としてそうりゅう型を売り込んだが、今年4月に受注競争でフランスに
    敗れた。

     海自に導入する新型潜水艦は、敵の潜水艦や水上艦の位置や艦種を探る
    音波探知機(ソナー)の能力を強化させるのが特徴で、敵に見つかりにくくするため
    静粛性も高める。海自は潜水艦の退役時期を延ばして従来の16隻から22隻態勢に
    増強中だが、新型の導入でさらなる質の向上を図る。

         ===== 後略 =====


    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/politics/news/160821/plt1608210011-n1.html


    【防衛省、尖閣防衛で新型潜水艦建造へ 来年度概算要求】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    :[Φ|(|´|Д|`|)|🌀] BBxed!! ハーフネルソンスープレックス :2016/08/20(土) 08:19:16.64 ID:49mnvlU+0

    自民党として、憲法というものの考え方を、今、保利耕輔憲法改正推進本部長の下で進めていただいている。
    そういうことで日本らしい日本を考えていこうと。

    それから「自己責任原則の下、個人の自由、民間の活力、
    地方の判断を尊重する国創り」というのも、
    当たり前のことと言えば、当たり前のことですが、改めてそういうことを確認しようと。

    こういうことを確認するのは、後の自助・共助・公助とも共通しますけれども、
    要するにぶら下がって、バラマキを待とうと。
    バラマキによって、票を取ろうという政治ではどうしようもないではないか。

    自ら助く者を助く、自己責任原則という上で、いろいろ助け合い、
    最後は助け合いということなるのですが、そういう基本体系をしっかりしていく、
    ここが自民党と民主党の考え方の基本的な違いだということを繰り返し、繰り返し強調したいです。

    それから、「家族、地域、国との絆を大切にする」国民を作っていきたい。
    その中には、地域の絆とか言った場合に、それぞれの地域は、自分の地域の歴史とか伝統とか背負っているわけです。

    やはり、自分が生まれ育った地域、もちろん国も含めて、そういう歴史とか伝統とか、
    そういうものを大事にしていく国民を育てていこうというところも強調する必要があるのかなと思っています。
    http://www.jimin.jp/news/press/president/128856.html


    【自民党「党の基本姿勢は自ら助く者を助く、自己責任の国創り!家族、地域、国の絆を大切にする国」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    :砂漠のマスカレード ★ :2016/08/21(日) 07:33:21.71 ID:CAP_USER9

    40歳前後の働く独身女性のうち非正規雇用は4割に達する。新卒時に企業が採用を抑えた就職氷河期に当たる世代だが、
    同世代の男性労働者の非正規比率の1割を大きく上回る。なぜなのか。

    「独身の非正規アラフォー」はここにきて増加傾向にある。
    総務省の労働力調査によると、35〜44歳の独身女性で、雇用されて働く労働者は2015年に190万人。
    そのうち非正規で働く人は79万人で、41%が非正規で働いていることになる。05年時点では27%だった。
    なぜこれほど急増したのか。まず、結婚しない人が増えた。
    15年の国勢調査(抽出速報)によると、女性の35〜39歳と40〜44歳の未婚率はそれぞれ23%と19%。
    05年の調査より、それぞれ5ポイントと7ポイント上昇した。
    男性の雇用も不安定になるなかで、結婚して専業主婦になる道も狭くなった。独身のまま働き続けるアラフォーが増えた。

    アラフォー独身女性、4割が非正規

    ■氷河期世代、影響いまだに

    この世代独自の影響もある。バブル崩壊後、企業が新卒採用を急速に絞った就職氷河期世代にあたる。
    特に採用環境が厳しかった1993〜2005年ごろに社会に出た。
    女性はそのあおりを強く受けた。35〜44歳の男性で雇用されて働く労働者は15年で728万人いる。
    そのうち非正規は71万人で、9%にすぎない。
    労働政策研究・研修機構の高橋康二研究員は「主に女性が就いていた事務職などが、バブル崩壊後どんどん非正規に置き換わっていった。
    急な時代変化のなかでキャリア形成がうまくできなかった女性が多い」と指摘する。

    ■少ない貯金・介護、募る不安

    独身非正規アラフォーの生活は厳しい。横浜市男女共同参画推進協会がインターネットを通じて35〜54歳の約260人を対象に昨年調査したところ、
    35〜44歳の独身非正規の女性の7割近くが年収250万円以下だった。
    非正規で働く理由は「正社員として働ける仕事がなかったから」が約6割でトップ。
    特に35〜39歳では回答者の約6割が大卒以上にもかかわらず、約7割が初めて就いた仕事が非正規で当時の採用環境の厳しさが浮き彫りになった。
    アンケートでは今後の生活への不安が吐露された。「20代は正社員だったがリストラ。
    ずっと非正規で貯金もない」「資格を取りたいが正社員と同じ仕事内容で手いっぱい」「両親に介護が必要になったり自分が病気になったら破綻する」などだ。
    調査をした同協会の担当者は「非正規だと経済的な余裕が少ない。
    短期の契約を繰り返し、社会的に孤立している人も多い。キャリア形成や仲間との交流を支援していけるようにしていきたい」と話している。

    ■気になる! 非正規の女性は結婚を望んでいるのだろうか。
    年齢がアラフォーより少し下がるが、25〜39歳の未婚男女1万人に内閣府経済社会総合研究所が実施した意識調査(2015年)によると、
    正社員よりも非正規社員のほうが結婚意欲が低かった。 
    職場にいる独身男性が少ないうえ、周りに正社員男性も少ないことが結婚意欲の低下に影響しているという。
    交際相手がいる人も正社員より非正規社員のほうが少なかった。

    ■記者の目 「お父さんは会社で働いて、お母さんは家で子育て」。
    日本の社会保障は、男性を稼ぎ手とした「モデル世帯」を前提に設計されているものが多い。
    女性にそうした生き方を期待する社会の圧力もあった。 
    しかし、女性を取り巻く環境が急速に変化したのに社会保障制度は変わらなかった。
    近年増えてきた女性支援も、主婦の再就職や女性管理職の登用などに集中する。
    独身の非正規女性への支援は手薄だ。時代と制度のはざまに死角はないか見直したい。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160821-00000002-nikkeisty-life
    NIKKEI STYLE 8月21日(日)7時0分配信



    【アラフォー独身女性、4割が非正規らしい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    :風吹けば名無し@\(^o^)/ :2016/08/20(土) 03:27:48.70 ID:k/u6uFnHa

    憎しみは憎しみしかうまない



    【安倍政権、史上最大の国防予算計上!!(5兆1000億円)←】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    :名無しさん@おーぷん :2016/08/20(土) 12:07:01 ID:Uct

    自分自身が道徳心のかけらもないんだよなあ


    【ネトウヨは中韓に道徳教育どうたらよく言うけど実際日本もおろそかにしてね?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/08/20(土) 22:29:49.22 ID:WmRSJZ6N0

    辺野古移転反対!米軍の撤退

    じゃあ日本の防衛力強化→国防軍、核配備?
    っていうと、それはちがう!と言う

    日本は米軍を帰して自衛隊と9条と対話で日本を守ればいいと言う

    移民や帰化で日本国民となって選挙に出る侵略者や、北海道の誰もいない土地を購入して街を構成し自治区を作る侵略者にどう対応するの?

    やったら問答無用で仕返しされれる核兵器を持った国になれば、馬鹿はやすやすと手を出してこないんじゃないの?



    【沖縄から米軍をなくせ!とか言うけど】の続きを読む
       

    このページのトップヘ