サバゲー通信

サバゲーやミリタリー関連のスレをズバッとまとめます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/12/21(木)16:08:31 ID:
    2:2017/12/21(木)16:09:49 ID:
    M1911
    3:2017/12/21(木)16:10:21 ID:
    m4
    4:2017/12/21(木)16:10:45 ID:
    P90なんてエイムクソザコの豆鉄砲どこで出てくる機会あったんや?
    【3大主役銃器AK-47、P90、あと一つは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2018/04/04(水)20:44:53 ID:
    なぜなのか
    1:2018/04/04(水)20:44:53 ID:
    なぜなのか
    2:2018/04/04(水)20:45:16 ID:
    ドタマを打ち抜くため
    3:2018/04/04(水)20:46:04 ID:
    バトルライフルやLMG持て
    【なんでゾンビものに出てくる銃器はリボルバーとショットガンなのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2018/05/14(月) 12:48:53.65 ID:
    もうちょっと歴史を勉強してくれよ
    ゲームクリエイター様よw
    110:2018/05/14(月) 14:32:42.04 ID:
    >>1
    これでマウント取る意味がわからん
    112:2018/05/14(月) 14:35:07.73 ID:
    >>110
    よくゲーム(空想)と現実の区別が・・・
    って言われるやろ
    あれだ
    140:2018/05/14(月) 15:32:22.41 ID:
    魔法が存在するということは物理法則が現実のそれとは異なるという前提が既に敷かれている
    ってことはその世界ではそもそも火薬が存在しない、機能しないという可能性もあるのだぜ
    その辺考えたことはあるのかね>>1
    【剣と魔法の世界!←戦国時代にすら既に鉄砲があったんだが?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2018/05/08(火)15:17:44 ID:
    クラウドファンディングを活用して資金調達
    いけるかな?
    2:2018/05/08(火)15:18:20 ID:
    意外と出来るかもしれんな
    3:2018/05/08(火)15:18:57 ID:
    面白そう
    4:2018/05/08(火)15:19:13 ID:
    変な奴が入ってきて事件おこしそう
    【無人島を買い取ってサバゲー島を作る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/12/08(金)19:10:24 ID:
    痛いなぁの思うようになった今日この頃
    2:2017/12/08(金)19:11:55 ID:
    あれだけ好きだったのに今はね...
    4:2017/12/08(金)19:13:41 ID:
    30過ぎた辺りからエアガンとか興味なくなったわ
    大戦略はたまにプレイするけど
    サバゲーは見ていて痛々しい
    5:2017/12/08(金)19:14:08 ID:
    >>4
    おせぇよ・・・
    【大人になってもミリタリーとか好きな奴って】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2018/05/12(土)03:02:44 ID:
    ガイジ「アメリカ行けよ」

    ガイジ「自衛隊入れば?wwwwwwwwwwww」

    ガイジ「実銃の方がええぞ」

    ガイジは嫌い
    2:2018/05/12(土)03:05:12 ID:
    どうせ脳内定期
    4:2018/05/12(土)03:05:59 ID:
    >>2
    いるぞ
    8:2018/05/12(土)03:06:35 ID:
    >>4
    えぇ…
    【ワイ「エアガン欲しいな」 ガイジ「!」シュバババ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2018/05/12(土)23:05:25 ID:
    どうにかして
    2:2018/05/12(土)23:07:07 ID:
    ゲームだと思ってるからそういう甘えた意見が出るんだよ
    そんな意識でサバゲやってるなら明日から辞めろ
    5:2018/05/12(土)23:08:25 ID:
    先週初サバゲに参加してきたわ
    思ってた以上に弾食らうと痛いのな
    6:2018/05/12(土)23:08:25 ID:
    マジであのやられ方うぜーわ
    【サバゲーでどっから攻撃されてるかわからんまま死ぬんやけど】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2018/05/13(日) 20:22:33.57 ID:
    自衛隊の主力隊員になる「自衛官候補生」の入隊が4年連続で採用計画人数を下回ったことが13日、分かった。
    2017年度の採用では計画8624人に対し、試験を経て入隊の意思を示したのは6852人(18年3月31日現在)だった。

    少子化などが背景。防衛省幹部は「任務はきついかもしれないが、国防を担う人員確保は喫緊の課題だ」と不安感を強めている。
    防衛省は毎年、退職者数などを勘案し、防衛力を維持できるよう採用計画を立てる。

    うち自衛官候補生は18歳以上27歳未満が対象。
    新規採用全体の半数以上を占め、入隊後、約3カ月の基礎教育を受け、正式に自衛官に任命される。

    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018051301001803.html
    142:2018/05/13(日) 20:48:46.96 ID:
    >>1
    まず採用年齢を拡大する
    採用年齢の上限を撤廃し、定年を65歳にまで拡大
    道路工事とかの肉体労働者が65歳まで働いているのに53歳で定年とか速すぎんだろ
    203:2018/05/13(日) 20:56:35.42 ID:
    >>1
    9条があるから
    何も問題ないだろ
    365:2018/05/13(日) 21:24:23.34 ID:
    >>1
    4年連続ってのは政権交代してからだな
    景気と雇用が改善されたのを意味してるんだが
    【【防衛省】自衛官採用数、4年連続計画割れ 国防力確保に不安、少子化も背景】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2018/05/03(木)10:56:24 ID:
     

     政府は、自衛隊にサイバー攻撃への反撃能力を持たせる方向で調整に入った。

     反撃するのは、通常兵器などによる物理的な攻撃も受けた場合に限定する。敵の攻撃拠点となるサーバーに
    大量のデータを送りつけ、まひさせるDDoSディードス攻撃を駆使する案が有力だ。政府は今年末にまとめる
    防衛政策の基本指針「防衛計画の大綱」への明記を検討している。

     政府はサイバー攻撃能力について、中期防衛力整備計画(2014~18年度)に「相手方によるサイバー
    空間の利用を妨げる能力の保有の可能性についても視野に入れる」と記し、保有の可否を検討してきた。
    その結果、「国家の意思に基づく我が国に対する組織的・計画的な武力の行使」と認められるサイバー攻撃へ
    の反撃能力は、専守防衛の原則に矛盾しないと判断した。

    (ここまで338文字 / 残り712文字)

    2018年05月03日 08時53分
    The Yomiuri Shimbun
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180503-OYT1T50016.html
    --------
    【お知らせ】
    偽テンプレを貼る荒らしが現れましたら
    通報協力をお願い致します。
    --------
    3:2018/05/03(木)11:24:42 ID:
    物理攻撃を伴う場合に限る、って別に
    限らなくてもよくね?
    【【国防】自衛隊、サイバー反撃能力保有へ…武力伴う場合 [H30/5/3]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/08/05(土)21:25:41 ID:
    彡()()
    5:2017/08/05(土)21:28:58 ID:
    彡(゚)(゚)「サバゲーおもろいなぁ ワイそこそこ強いしシリアとかでもいけるんやないか?」
    6:2017/08/05(土)21:29:02 ID:

    これないやん!
    7:2017/08/05(土)21:29:02 ID:
    FPSに不要なコミュ力体力財力が必要な模様
    【彡(゚)(゚)「FPSおもろいなぁ ワイそこそこ強いしサバゲーとかでもいけるんやないか?」】の続きを読む
       

    このページのトップヘ