509   2006/08/10(木) 00:23:33

「はだしのゲン」を熟読して、全体を理解しましょう!

概要
1972年に「週刊マガジン」の漫画家自伝企画の第1弾として掲載された、中沢
の自叙伝『おれは見た』を元に、脚色を交えて1973年から「週刊少年ジャン
プ」での連載が始まった。
作品の内容、表現等について様々な論議があるが、作者の実体験に基づく原爆
の惨禍や当時の時代背景・世相風俗を良く表現していながら、教育的ではなく
優れたエンターテイメントとしても見せる名作として国内外での評価は高く、
映画・アニメ・ミュージカル・絵本化もされている。
単行本、文庫本などを含めた累計発行部数は1000万部を超える。
また、独特の描写や広島弁を含むセリフなどから、インターネット上で度々
ネタにされることがある。


510   2006/08/10(木) 00:23:33

おすすめのウェブサイト


    サバゲーマーの為のまとめサイト|サバゲー通信をよろしく!!!

    511   2006/08/10(木) 01:20:11

    >>509

    不朽の名作??????


    512   2006/08/10(木) 01:46:26

    不覚にもタバコ吸いながら咳き込んでしまった


    514   2006/08/10(木) 12:42:25

    ギギギ


    515   2006/08/10(木) 14:23:39

    1944年11月23日、ブリュッセル近郊のイギリス高射砲部隊の陣地近くの野原へ、
    脚を下ろしたB-17が着陸した。
    ランディングの最後に方翼が地面と接触してしまった為に外側のプロペラは曲がって
    停止したが、残り三機のエンジンは依然として回転しつづけていた。
     一部始終を見ていた英兵達は、乗組員が降りてこないのを不信に思い
    機の周りを調べたが、着陸後に脱出した形跡は無く、また人の気配も無かった。
    そこでハッチを開けて機内に入ってみると、乗組員のフライトジャケットやかじりかけの
    チョコレート、暗号書といったものまでがそのままの状態で雑然と残され、
    つい先ほどまで人がいたことを感じられたが、全くの無人であった。
     開いたままになっていた航空日誌には、ルールからハフォードへの帰投記録が
    書きかけで、最後に「激しい対空砲火」と記されていた。
     そして、驚くべきことに機内には12個のいつでも身に付けることのできる状態の
    パラシュートが残されたままであった。
     徹底的な捜索が行われたのだが、B-17には、着陸時に傷ついた左翼を除いて、
    損傷部分はひとつも見つからなかった。


    516   2006/08/10(木) 14:23:39

    おすすめ記事



      引用元:http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1151431565/